【鬼滅の刃】162話ネタバレ感想 しのぶの覚悟

漫画

鬼滅の刃 162話 ネタバレ感想です。

 

カナヲに童磨の倒し方を話すしのぶ。

「もし自分が負けたら」みたいな状況を想定してたわけじゃなくて最初から喰われるつもりだったのか・・・。まさしく決死の覚悟。

 

しのぶは長い時間をかけて自分の体に藤の毒を蓄積させ続けてきた。

だがそれでも確実に童磨を仕留められるかどうかはわからない。自分が喰われた後をカナヲに託すしのぶ。

そしてさりげなく公開されるしのぶさんの体重・・・めちゃくちゃ軽いな。

 

トドメを刺そうとする二人だが童磨も崩れかけた体で大技を繰り出して来る。

しかし今までに比べれば精度の低い苦し紛れの技。やはり仕留めるなら今しかない。

 

カナヲの切り札 終ノ型 彼岸朱眼

眼球に負荷をかけて動体視力を極限まで上げる技だが失明の危険もある危険な技。周りがスローモーションのように見えるというジャンプ的に言うならコンセントレーション・ワンとかグラスパーアイとかそういう感じの・・・。

 

氷の大仏の攻撃をかいくぐって童磨の首に斬りかかるカナヲだがそれでも決めきれない。恐るべし上弦の弐。

 

そこへ伊之助がカナヲの刀へ目がけて自分の刀を投げつけて刃を押し込み、童磨の首を落とす。

今回影が薄めだった伊之助だが最後にナイスアシスト。

しのぶ、カナヲ、伊之助による「三人の白星」で162話終了。

感想

童磨戦、決着!

流石に今回も「首を斬ってもしなない!?」のパターンはないだろうしこれで決着でしょう。ただでさえ毒でグズグズなんだし。

しのぶが体に毒を仕込んでるっていうのはまぁ誰もが予想してた展開って感じで変にフェイントかけたりってことはなかったですね。ただそれでも効かないっていう可能性もあるかと思ったけどそこまで無情ではなかったか。

今回、回想でしのぶが「上弦の強さは柱3人分に匹敵する」って言ってましたが実際どうだろう・・・。今までの上弦戦を振り返ると

堕姫・妓夫太郎vs音柱、炭治郎、善逸、伊之助、禰豆子(+音柱嫁)

玉壺vs霞柱

半天狗vs恋柱、炭治郎、玄弥、禰豆子

猗窩座vs水柱、炭治郎

基本的に柱+複数人の構成だけどこれが柱3人分って言われると・・・。

まぁでも「柱が3人いなければ確実に勝てるとは言えない」という意味では3人分と言っても過言ではないかも。しかし改めて見ると玉壺の雑魚感がすごい。いくら痣が出た無一郎って言っても突然3倍の強さになったとは考えられないし・・・。

こうやって見ると猗窩座相手に一人で朝まで粘った煉獄さん本当強かったな。煉獄さんが痣を発現してれば・・・。

そしてカナヲの奥義、終ノ型 彼岸朱眼。

善逸の漆の型のように剣士が自分で新しい型を生み出すことは珍しくなさそうだけど今まで「終ノ型」っていう表現ははじめてですね。恐らくカナヲに取ってこれを超える型は無いっていう意味での終ノ型なんでしょう。

失明の恐れがあるって言ってたけどどうなるか。多分もうカナヲが戦うこと自体が童磨戦で終了になりそうだからこのまま失明っていう可能性も十分ありそうなんだよなぁ。あとは失明はしていないがもう戦うことができなくなるみたいな感じか。

多分次回は童磨の走馬燈編になりそう。

以上、鬼滅の刃 162話 ネタバレ感想でした。

次回はこちら

【鬼滅の刃】163話ネタバレ感想 童磨戦、決着
鬼滅の刃 163話 ネタバレ感想です。 首を刎ねられた童磨だがまだ諦めない まさか童磨も鬼以上の何かに・・・? ...
 
暇をつぶすのに忙しい

コメント