【鬼滅の刃】163話ネタバレ感想 童磨戦、決着

漫画

鬼滅の刃 163話 ネタバレ感想です。

 

首を刎ねられた童磨だがまだ諦めない

まさか童磨も鬼以上の何かに・・・?

 

しかし、童磨にはその境地に至るのは無理だった。

猗窩座の様な執念が無いと鬼の先にはなれないとするならまともな感情を持たない童磨には最初から無理な話だったのかもしれない。

 

恒例の走馬燈パート。

童磨に同情の余地があるかどうかはともかく相変わらず鬼滅の登場人物の家庭環境はロクなもんじゃない。結局童磨が鬼になった経緯は謎のままだったが無惨が非人間的なところを見抜いて気にいったのだろうか。

 

そして今わの際パートはまさかのしのぶと童磨。大体この辺は鬼への救いになる場合が多いのにここまでギスギスしたあの世パートが今まであっただろうか・・・。

 

死の間際のしのぶとの会話で童磨にまさかの変化が・・・。

人間死ねば終わりと主張していた童磨が死んでから感情に目覚めるっていうのは何とも皮肉。

 

何か童磨はこのセリフにもときめいてそう。

おそらく最後であろうセリフが「とっととくたばれ糞野郎」とはしのぶらしいというか・・・。

 

期せずして母親の仇討ちを果たしたことになった伊之助。自分を捨てた母親などいないも同然と言っていた伊之助だが本当は愛されていた。

それにしても相変わらず炭治郎はどれだけ伊之助の心にほわほわする言葉を残せば気が済むのか・・・。

ちょうどアニメでは伊之助が登場したばかりだけどあのころに比べたら炭治郎としのぶのお陰で相当まともになった。

 

カナヲは何とか失明には至らずには済んだが右目の視力がないのは一時的な物かもう戻らないのか。もう戻らないとしたら眼帯キャラとして戦うのか引退するのかどうなるんだろう・・・。

 

ロクでもない家庭環境その2。

死ぬまで虐待される家庭とか人買いに買われたしのぶの方がよっぽどマシだった可能性が・・・。

カナヲは出会ったのがカナエとしのぶじゃなくて無惨だったら鬼になってたのかもしれないなぁ。もしそうなってたら目の力もあるし上弦になっててもおかしくなさそう。

 

犠牲は大きかったがカナエとしのぶの仇を討ち、ようやく素直に泣くことができたカナヲ。

これにて童磨戦、決着・・・!

感想

童磨はまさか死なないのかと一瞬ヒヤっとさせられましたが流石にそのまま死亡。まぁどう考えても童磨に猗窩座並みの執念があるとは思えないので当然と言えば当然ですね。

そして本当にまさかのしのぶに恋する童磨とかいう展開。何か童磨は地獄に行っても感情手に入れてご機嫌そうでいまいち報いを受けた感じがない。地獄で猗窩座殿に今まで以上に絡んでいきそう。

今回のカナヲは非常に感動的だったのは間違いないんだけど正直ここに至るまでに一回くらいはカナヲメインの話をやって欲しかったなーというのが正直なところ。遊郭編と刀鍛冶の里編の間くらいに炭治郎とカナヲで組んで任務に行く話とかやって欲しかった。

しかし炭治郎がすでに重傷でノックダウンしている以上無限城編で完結することはないと読んでるんですがそうなるとカナヲは右目の負傷で引退するのかそれとも次期柱として続投するのか。何かもう炭治郎の帰りを待つヒロインキャラになってくれた方が安心するけどそうなると一回しかまともな戦闘せずに終わりになるしそれはないかな・・・。

ついに上弦も黒死牟を残して全滅、次回はついに上弦の壱の出番か!?と思ったけどまだ獪岳以外の入れ替わり組が残ってるんだっけ。上弦の肆は琵琶女こと鳴女がなったらしいけど上弦の伍は欠番なのか新キャラが出てくるのか・・・。

以上、鬼滅の刃 163話 ネタバレ感想でした。

次回はこちら

【鬼滅の刃】164話ネタバレ感想 遂に上弦の壱、現る
鬼滅の刃 164話 ネタバレ感想です。 童磨戦が決着が付いた頃、目を覚ます炭治郎と義勇。 もうこんだけ重傷なら戦...
 
暇をつぶすのに忙しい

コメント