【盾の勇者の成り上がり】25話(最終回)感想 ここからもう一度始めよう

アニメ

アニメ 盾の勇者の成り上がり 25話(最終回)感想です。

原作のネタバレが含まれる場合があるので注意してください。

 

2クール続いた盾の勇者もとうとう最終回。当然OPは無し。

最終話だけあってグラスの作画が今までより美人。グラスさんをソウルイーター武器で囲んでビビらせたい。

 

三勇者大好き流星シリーズが尚文にもついに実装。

ただ流星って名前しといて実際は範囲防御スキル。どの辺が流星・・・?防御壁が星の光っぽいからとか?

 

敵側の合体攻撃。合式ノ型 逆式飄雪月花

ところで何かグラスの声出てくる度に変わってない?まだキャラが固まってないのかな・・・。

 

尚文硬ぇ!

やっぱメインタンクの硬さって重要だわ。何故他の勇者共はゲーマーの癖にそこに気付かないのか・・・。

それはそうと何かフィーロの顔おかしくね?相変わらず毎回安定しないな・・・。

 

尚文とグラスのタイマン。アニメではラフタリアの魔法剣は使わないのか。

しかし当然のようにメルティが混じってるけど一応王女様だよね君・・・アニメだと完全にパーティーメンバー扱いになってるな。

 

こうかは ばつぐんだ!

1番の脅威だったはずのグラスがソウルイーターシールドのお陰でむしろ尚文が唯一単独で倒せる相手になってしまったという矛盾。

ソウルイーターシールドはこれからもまだまだ大活躍するぞ!

 

ここで痛み分けの提案とか本当にアニメ尚文はヌルイな。

そこは「弱った今がチャンスだ!死ねぇ!」くらいの容赦の無さを見せて欲しい。

 

何か尚文とグラスのやり取りがめっちゃ壮大になってるな・・・。

特に漫画版だとここの2人とか尚文・グラス「「うおおおおおおぶっ殺す!」」みたいな感じだったのにエラい変わりよう。

 

タイマン中に敵が回復アイテム使うとかレギュレーション違反も甚だしいぞ!

しかしラルクの鎌からアイテム取り出す所はカットなのか。

 

結局使うことになるラースシールド。

多少仕方ない状況とはいえ勇者と仲良くしろとかラースシールドは使うなっていうフィトリアの忠告全部ガン無視されててちょっとかわいそう。

 

酔った女性に乱暴しようとする男の図(事実)

グラスさんからほとばしるくっ殺感。薄い本が厚くなりそう。

 

ラルクとこっちの3馬鹿のうちの一人トレードしてくんないかなマジで。

やっと頼りになる兄貴分的キャラが出て来たと思ったら敵とは・・・やはり頼れるのは武器屋のおっさんしかいないのか・・・。


「皆の勝利です!」

確かに一般兵の方々はがんばってたよね。「(三勇者を除く)皆の勝利です」に訂正してくれ。

こいつらマジで今回何もしてないじゃねーか。

 

リーシアちゃんかわいい。

こんなん見せられたらもっと見たくなるだろ、二期はよ!

 

束の間の休息。

ラフタリアの生足アピが実にあざとい。

ラルク達が帰るところでアニメ終了って展開もあるかと思ったけど残り半分でエピローグやる感じかこれ。

 

新メンバー加入フラグ。

割とこの三人で完成されてる気もするけど流石に火力が足りない。とりあえずバランス的に火力役の魔法使いが欲しいけどそっち方面はまだ・・・。

 

え、今からリーシアの話やるの?

超中途半端なところ&胸糞悪い終わり方しそうなんだけど大丈夫・・・?

 

元々樹自身がリーシアの活躍に嫉妬して追い出したはずなのに仲間の嫉妬ってことになってるな。

流石に樹がゴミクズ過ぎてアニメ特有のマイルド補正が働いたか。

 

尺が無いのはわかるがこの辺の話がすごいスピードで進んでいくな。

普通ならこのまま尚文のヒロインに加わりそうな展開だがリーシアは・・・。

 

ていうか今更だけど装備と言えばリーシアの着ぐるみは・・・?カルミラ島で手に入れたはずだけどアニメでは武器屋の親父が用意するのかな。

 

あれ、領主になるのってもっと先のはずじゃあ・・・。

多分「成り上がり」っていうのを分かりやすくするためにアニメの最後を領主になるところで前倒ししたのかな。

 

BBA再登場。

再登場どころか準レギュラー化するとは誰が予想できただろうか・・・。

 

ここのすがりつく姿が鬼気迫っててすごい・・・流石最終話。

 

尚文、永住決意。

個人的に異世界転移系はもうちょっと家族とか故郷への執着しろよと思う。余程元の世界に不満がない限りそう簡単に全部捨てて永住はできないだろ・・・。

まぁ結局最後には元の世界と行き来できるようになる作品とかも多いけど。

 

もう一度故郷に旗が・・・。

結構大幅な改変入ったけどアニメの終わり方としては非常に綺麗な終わり方になったんじゃないでしょうか。

 

EDも王道的オールスターで綺麗に締め。元康が未来からの侵略を受けてて草生えた。

というわけで無事終わりましたアニメ、盾の勇者の成り上がり。

2クール通しで作画のクオリティも中々、アニメオリジナルシーンも随所にあって結構恵まれたアニメ化だったんじゃないでしょうか。特にフィトリア様回の神作画はよかったなぁ、あれだけでもアニメ化した価値があると言っても過言ではない。

原作読者としてもいいアニメだったなー・・・と言いたいところですがやはり中盤の謎改変が気になって仕方なかったですね。

ラフタリアのイドルへの復讐とかクズとビッチへの報復とかとにかく日和過ぎて見てられなかった。ああいうところできっちり報復するところが尚文のキャラクター性のはずなのにそこを変えてしまうのはキャラの魅力を殺すことになってるとしか思えない。スレてないやり直しですらそういうところはきっちりしてるのが尚文なはずなのに・・・。

そこ以外でもとにかく全体的に尚文が丸くなってるのが気になりましたね。まぁアニメ化に際してより万人受けする形を取ったってことなんでしょうけど。

まぁただ盾の勇者自体媒体によって尚文の性格が大幅に変わりまくるんでそこはアニメのせいだけとは言えないんですが。

個人的なイメージとしては

web版:ひたすら冷酷、相当非人間的
小説版:web版よりマシだがそれでもかなりドライ
漫画版:冷酷さは若干マシだが狂暴化 死ね!殺す!
アニメ版:ちょっとやさぐれてるけど優しい人、甘い

こんな感じ。特にweb版は今読むとドン引くくらいヤバい言動してる。

でもアニメ版尚文は流石にマイルドになりすぎてこれからの展開に支障が出るレベルじゃないかなぁ・・・。公開処刑とかできなさそう。

まぁそもそも2期以降があるのかどうかが怪しいですが・・・。勿論原作読者としては二期も欲しいですけど盾の勇者も原作は相当長編なんでアニメで全編やるのはほぼ不可能、それならもう一期で綺麗に終わったしこれで終わりでもいいかなぁとも思いますね。

以上、アニメ 盾の勇者の成り上がり 25話(最終回)感想でした。

 
暇をつぶすのに忙しい

コメント

  1. 終始3バカが無能だったなー。改編ついでに少しは活躍の場が出来・・・なかったw
    あいつら何か役に立った事あったっけ?尻拭いという形だけど尚文の地位向上になったくらい?
    続き見たいけど、綺麗な俺たたエンドでこれはこれで良かった気が。

    管理人さんの感想も楽しく見させてもらってました。お疲れさまでした

  2. WEB版読んでた身としては心配してた箇所がマイルドになって安心した分、復讐のカタルシスが半端になって物足りなさはありますね。尚文の暴言も露悪的な行動も減ったしフィーロもウザさが鳴りを潜めて大人しめ。

    個人的には勇者会議での強化共有とかヘルプみたいな驚愕の事実がアニメはサラっと流すし視聴者の反応も微妙でビビりましたね。3馬鹿弱くて活躍しないのは当然なはずが最後まで伝わってない感じでしたし。

    荒れる要素減らして無難にはなりましたが全体的に作画音楽構成共に高いクオリティのアニメ化だったかと。

    感想半年お疲れさまでした。

  3. 管理人さん自身が仰るように、アニメ化にあたって性格や演出がマイルドになるのは結構ありますよね。
    いくら深夜枠といえど、尖ったまま流すのは難しいということでしょうか。
    特にアニメしか見ない方ほど、主人公が過激な言動をとるとネットではアンチ化しやすい傾向にもありますしね……。
    原作への風当たりを抑える、という意味ではこういった改変も已む無しかなとも思います。
    今時、普段アニメを見ないような人が噛みついてくることも珍しくありませんから。