【鬼滅の刃】164話ネタバレ感想 遂に上弦の壱、現る

漫画

鬼滅の刃 164話 ネタバレ感想です。

 

童磨戦が決着が付いた頃、目を覚ます炭治郎と義勇。

もうこんだけ重傷なら戦闘続行不能かと思いきや猗窩座と戦って骨折すらしてないとは・・・。

無限城編で決着が付く可能性も出て来たか?

 

一方他の柱達は・・・。

共に行動していた甘露寺と伊黒が新たに上弦の肆となった琵琶女こと鳴女と遭遇。

 

鳴女の能力はある程度わかっていたが無限城そのものを自由自在に操る能力。

アニメでちょうど響凱戦が終わったところだが鳴女の血鬼術が完全に上位互換で何も言えねぇ・・・。逆に響凱が長ずればこうなれたということかもしれない。

しかし柱にとってはこれほどの血鬼術でも多少厄介な程度で致命打至らない。鳴女は人物を転送することもできるみたいだけどアレが切り札になるのかそれとも転送できるのは味方だけなのか・・・。

何処か遠くの土地にほっぽりだされて戦線離脱とかあるかも・・・?

 

こちらでは悲鳴嶼と無一郎が行動を共にしていたが恐らく鳴女の戦いの余波(?)で分断されてしまう。

 

そしてその先には上弦の壱、黒死牟が・・・。

無一郎絶対絶命。164話はここまで。

感想

今回は童磨戦も終わって戦いは次の段階へ。今まで登場してなかった柱達の状況が明らかに。

やはり鳴女が出てきましたがまさか恋、蛇柱との2対1になるとは思いませんでしたね。しかし現状では鳴女側に必殺になり得る攻撃がないので負ける気がしませんが何か奥の手があるのかただの時間稼ぎなのか・・・伊黒が甘露寺をかばって死ぬ展開とか非常にありそう。

そしてまさかの無一郎が黒死牟に遭遇・・・どう見ても「あっ、死んだな」としか思えないけど果たして・・・。それか痣を発現させて何とか助けが来るまで持たせられるかどうかって展開になりそうか。

これで動向がわかってない柱は風柱だけになりましたが不死川は何処で登場するんだろうか。考えられるのは

1 新・上弦の伍を相手に玄弥と共闘して和解パターン

2 無一郎に加勢するパターン

のどっちかくらいか。流石にこのまま玄弥と絡み無しって展開は考えにくいし1の可能性の方が高そうかな。黒死牟相手に玄弥が出て来ても何もできなさそうだし・・・。

そして何より今回で一番意外だったのが炭治郎、義勇の戦線復帰。君たち頑丈すぎないか・・・。この二人はもうこの戦いでは復帰できないだろうからまだ展開は続くのでは?と思ってたけど何かこのまま無惨と決戦して完結のパターンあり得るのか。

禰豆子の状況もまだ一悶着ありそうだし無限城編では絶対終わらないと思ってるんだけど不安になって来たかも・・・。

以上、鬼滅の刃 164話 ネタバレ感想でした。

次回はこちら

【鬼滅の刃】165話ネタバレ感想 上弦の壱、異次元の強さ
鬼滅の刃 165話 ネタバレ感想です。 上弦の壱、黒死牟に遭遇してしまった無一郎。黒死牟は無一郎の骨格や筋肉を透視して...
 
暇をつぶすのに忙しい

コメント