【ワンパンマン】153話感想 童帝のストレスが高まっていく

漫画

ワンパンマン 153話感想です。

扉絵がアニメーションになってる・・・。

 

さらに一悶着あるかと思いきやワガンマはそのまま無事救出。ここでワガンマがポケットに手入れてるのが最高にムカつく。

ワガンマはONE版にはいなかったキャラだけどこれで出番終了なのかな。

 

駄目な大人だらけのS級にイライラしてる童帝が数少ない常識人のゾンビマンさんに癒されている・・・。

バングなんかも常識人なようで基本マイペースだし真っ当な大人らしい大人がゾンビマンさんくらいしかいないんだよなぁ。

 

アトミック侍がタレオを発見したことで「自分以外誰もいなかった」というワガンマの嘘がバレてしまう。

ここで開き直らないだけまだ根は腐りきってないような気もするけどこのまま成長したら立派なクズになりそう。

 

そしてこれが根まで腐りきった大人です。

やっぱりヒーロー協会ってクソだわ。

 

ゴミを見る目をした童帝。そんなんだから見限られるんだよ・・・(ネタバレ)

そして真っ当な事をいうチンピラ的な風貌のモブヒーロー。やっぱりわざわざヒーローになるくらいだしヒーロー達自身は正義感のある人間が多い。

 

一方でこちらはアトミック侍vs黒い精子。

今までの流れで言えば自身満々の黒い精子をアトミック侍が分裂不能なくらい細切れにして勝ちってパターンなんだけど・・・。

 

アトミック斬ですら斬りきれない。これが怪人協会幹部の実力。

153話はここまで。

感想

ワガンマ君は無事救出。ワガンマのオリキャラとしての役目はこれで終了なのかな。童帝の見せ場を作るのとヒーロー協会の腐りっぷりを見せる為に作ったキャラって感じですかね。

童帝が事あるごとにS級ヒーローやヒーロー協会にイライラしてるのはやっぱりONE版の方を見るにこれからの展開も考えての伏線っぽいですねぇ。最近のONE版の更新頻度上昇を見るに例えばガロウ編で一旦村田版は終了、みたいなことにはならなさそうですね。

そしてはじまったアトミック侍vs黒い精子。武術大会編からS級ヒーローの圧倒的強さを見せつけて来た分ここからの絶望感が原作より増しそうな予感。

それにしても最近更新頻度が安定してますがもしかしてアニメ3期のスケジュールを意識してのスペースアップなのかなと思ったりとはいえ2期の出来を見るに期待しすぎは禁物か・・・。

以上、ワンパンマン 153話感想でした。

 
暇をつぶすのに忙しい

コメント

  1. なんか最終兵器オロチがもう既に
    倒されちゃってるからイマイチ
    黒い精子ヤベーな感じでも
    なくなってしまってるのは残念

    まぁ既に結末知ってるのも大きいだろうけど