【MAJOR2nd(メジャーセカンド)】167話 大吾の観察力

漫画

MAJOR2nd(メジャーセカンド)167話の感想です。

 

続く辻堂中との練習試合。前回のダブルプレイから更に千里のファインプレーで無事無失点で1回は終了。既に10点ハンデをつけられた強豪校相手には十分な成果。

 

ナメてかかっていい相手ではないと気を引き締める相手チーム。しかしそこへ間髪いれずに大吾の初球打ちで二塁打。

自分の決め球を打たれたことに動揺する相手ピッチャーだが・・・。

 

大吾達がスライダーに狙いを絞って来ていると判断した相手バッテリーはストレート中心の組み立てに変更、したと思ったらアニータのフェンス直撃の会心の一打をくらう。

辻堂中のローカルルールでフェンス直撃はホームラン扱いということで2ランホームランに。学校のグラウンドでの試合の場合は一定ライン越えたらホームランとか割とある。

そして完全に球種を見切られていることに動揺する相手チーム。10点ハンデ与えといて先制点を奪われるとかかなり恥ずかしい。

 

続くバッターは6番、仁科。ドキドキしながら見守っている千代姉マジ乙女。このまま永久にイジられ続けそう。

 

球種を見抜けた秘密は1回表の投球で大吾が相手ピッチャーの癖を見抜いたからだった。流石名監督大吾・・・メジャー2ndは指導者ルートあるかも・・・?

 

女子だらけでまともな監督すらいないチームにいいようにやられて流石に目の色が変わる相手チーム。このまま余裕の勝利・・・というのは流石にないだろうが・・・。

167話はここまで。

感想

ある程度予想はしてましたがやはりナメたハンデを与えて来た相手の目を覚ます試合展開でまずは2点先制。当然ながらこのまま勝って終わり、っていうのはつまらなさすぎなんで問題はこの後の展開。

恐らく風中との練習試合を決めて来たという監督が出て来て今度は大吾達がピンチになるパターンだろうと思いますね。問題はその監督が新キャラなのか既存のキャラなのかというところ。やっぱり新設の強豪校という設定的に初代のキャラの誰かが監督なんじゃないかと思いますが・・・。

それにしても大吾は身体能力の才能が抑えられてる代わりにその他全般が中学生としては完全いチート級過ぎてやばい。選手としても十分だと思うけどやはり指導者としての方が輝きそう。選手編やっても親父の後追いになっちゃうし大吾監督編もありか・・・?でもそうすると光のポジションがすごい微妙なことになりそう・・・。

以上、MAJOR2nd(メジャーセカンド)167話の感想でした。

次回はこちら

【MAJOR2nd(メジャーセカンド)】168話 千代のコンプレックス
MAJOR2nd(メジャーセカンド)168話の感想です。 アニータのホームランで2点先制から続けて仁科のヒットで止まら...
 
暇をつぶすのに忙しい

コメント