【はねバド!】76話 ネタバレ感想 天才の証明

漫画

はねバド!76話ネタバレ感想です。

 

コニー相手についにクロスファイアを解禁する綾乃。

コニーは回転数によって軌道を変化させる綾乃のクロスファイアの癖を何となく感じているがまだハッキリとは見抜くことができない。が、流石そこはコニー、体勢を崩しつつも何とか打ち返す。

 

綾乃のクロスファイアでもコニーは完璧に崩し切れず、ベストな軌道のショットが難しいと判断した綾乃はコニーの顔面横を狙うが打ち返されてしまう。

やはりコニーレベルともなると完璧なショットでないと点は取らせてもらえない。

 

コニーの鉄壁の防御を崩すにはなぎさのようなわかっていても拾えないような有無を言わせぬ速度と角度のスマッシュが最も有効だが綾乃にはそれがない。

今までは相手の欠点を的確に突くことで勝ってきた綾乃だがオールラウンダーなコニーには目立つ欠点がない。綾乃はコニーがノロマと言ったがそもそも圧倒的なリーチと反応速度でほとんど走らずに打ち返して来るような相手に勝機はあるのか。

 

さらに綾乃の攻めパターンまで読むコニー。

身体能力、技術だけでなく戦略面まで攻略されるともはや綾乃に勝ち目はないが・・・。

 

完全に逆サイドを突かれた綾乃だがこれをラケットのスイッチ戦法で打ち返し、1点を得る。これで16-15に。

なぎさ戦でもスイッチ戦法はあったが今度はラケットを投げるという超離れ業。これにはお母さんすらドン引きである。

 

コニーは今の綾乃のラケットスイッチは自分のショットを完全に読んでないとできないプレーだったと言う。

何故自分のショットが読めたのかと聞いてくるコニーに対してただの勘だと答える綾乃だが・・・。

 

 

それは心が通じあっているからだと言うコニー。綾乃がドン引き気味なのがなんとも・・・。

 

自分達は二人だけの本物の天才同士の姉妹だというコニーに対して「私は自分を天才だと証明したいだけ」と返す綾乃。それの何が違うのかと聞くコニーだが・・・。

 

以前にも言っていたが綾乃に取っての「天才」とは結果によってのみ証明できるもの。ここでコニーに勝って綾乃は有千夏に自分は天才だと証明する。

 

試合は互角のまま20-20へ。1ゲーム目を取るのはどちらなのか。

76話はここまで。

感想

クロスファイアですら決め切れないコニー相手にどう攻めるのか気になるところだったけど第1ゲームはメンタル面描写重視で終了しそう。

そしてコニーがマザコンから脱却したと思ったら今度はシスコンになってた・・・。姉妹姉妹言ってくるコニーに綾乃が完全に引き気味なのが草生える。

何だかこの試合のコニーを見てると綾乃vsなぎさの時の綾乃を思い出しますね。とにかく自分について来られるレベルの相手と戦えることが楽しくてしょうがないって感じで。それに対して綾乃は遊びを一切捨ててただ勝ちに行く。

第1ゲームはハルダウンも使ってないしほぼ手の内を見せずに終わりそうだけどこのままでは綾乃がコニーの守りを突破できる気がしないがどうなるのか。綾乃には一度やたらご機嫌なコニーのメンタルを崩して欲しいところだが・・・。

以上、はねバド!76話ネタバレ感想でした。

 

 
暇をつぶすのに忙しい

コメント