【フルーツバスケット】14話感想 忘れていい思い出何てひとつも無い

アニメ

アニメ フルーツバスケット 14話の感想です。

原作のネタバレが含まれます。原作未読の方はご注意ください。

 

今回前半は紅葉回。

お気楽小動物に見えて十二支の中でも中々闇が深い家庭事情の持ち主。

 

何で透の母親の墓参りの話で夾がこんな顔をするのか。

夾が山にこもっていた期間といい最初から割と伏線は多かったんだな・・・。

 

そういえば今回から新OPか。

旧アニメと第1OPのしんみりした感じとはまた違った雰囲気に。全員が傘さしてるとはまた捻ったOPだな、EDならこういうの見た事ある気もするけど。

OPに登場する十二支も増えてたけどまだ全員集合とはいかず。あと二人足りないかな?

 

もしかしたらこんな世界線もあったのかと思うと色々つれぇわ・・・。

お母さんが生きてればもっとシンプルなハッピーエンドに近道できたかもしれない。

 

「透くんは頑張ったのね」

がんばりすぎでむしろ休めと言いたくなるのが透くん。今思い返すと最初から最後まで透くんががんばってなかった時なんかないな・・・。

 

紅葉ムッティ。

紅葉が女装したら普通にこうなりそう。二次元特有の父親の遺伝子の行方不明。

 

「でもママはボクのこと知らないから」

さり気なく爆弾発言。ちょっとホラー入ってて怖い。

 

草摩 モモ

母親にそっくり・・・か?どう考えても紅葉の方がそっくりである。妹の方が父親似か。

何気に貴重なanother出演勢の一人。

 

「早く帰らないとお母さんが心配するわよ」

草摩家の闇再び。こんなん毎回見せられてたら透くんの頭おかしなるで。

 

面白ファンタジーみたいな設定からガチの重い話を持ってくるのがフルバ。

実際赤ん坊が突然兎になったら「化物」にしか見えないだろう。蛇の綾女も相当だがはとりは生まれたばっかりのタツノオトシゴとかどういう状態だったんだ・・・。

 

自傷行為もまさかここまでやってたとは・・・ドイツ人なのにジャパニーズセップク・・・。

ぶっちゃけこ草摩家の人間と結婚しなければこうならなかったと思うと「草摩に関わると不幸になる」って認めざるを得ない。

 

「私の人生最大の後悔はあの「生き物」を自分の体から出したことよ」

正直忘れさせるんなら紅葉が物心つく前にさっさとやればよかっただろとしか言いようがない。まぁ紅葉自身は母親の事を知っておきたいと思ってるだろうけど。

 

「忘れていい思い出何てひとつも無いって思いたいから」

透の陰に隠れがちだが紅葉も相当の聖人&鋼メンタルの持ち主。性格はともかく根は似た者同士の二人だと思う。

 

「行くからな俺も 墓参り」

 

(なんで俺に言う?)

それは由希に対抗心を燃やしているから。何故墓参りと対抗意識が関係あるのかは今はまだわからない・・・。


各々の墓参りスタイル。

はなちゃんはまぁ西洋式スタイルってことで・・・はなちゃんは・・・白のトップクじゃないだけマシだから(震え声)

そしていつものミニスカじゃない喪服姿の透くんが新鮮で非常に良い。どことなく色気がある気が・・・。

 

父親は幼い頃に病死、更に母親を事故で亡くして親戚はおじいさん以外クズ揃いでテント暮らしとかいう壮絶人生でどうやったらこんないい子が育つのか。

生まれ持った性根か母親の愛情のお陰か・・・両方だな多分。

 

霊なんて見えるはずないですよ・・・ファンタジーやメルヘンじゃあないんだから。

でも電波は聞こえる。なんかもうはなちゃんが電波聞こえることに疑いとかないんだなと思うけど夾達自身がファンタジーの住人だし今更電波の一つや二つ受信できる人間がいても不思議に思わないかも・・・。

 

「どうしてそんな悔いた気持ちで墓前に立っているの・・・?」

何かバトル漫画みたいな構図になってる。電波の力恐るべし。

電波とかギャグ設定かと思いきやちょくちょくシリアスに絡めてくるから困る。

 

墓地でピクニックだ!

何故か野生児っぽいキャラなのにツッコミをやらされる夾の悲しい性。由希も止めろよ・・・。

普通に迷惑なので良い子は真似するな!

 

「いつか透のこと好きだとか言い出しちゃったりしてな」

なんという露骨なフラグ建て・・・この辺まではまだ三角関係っぽい雰囲気だしてんだなぁ。

 

帽子の小年とかいうミスリードの塊みたいな存在。

正体がわかるのは相当先・・・。

 

「ごめん・・な・・・」

近い近い。原作より大分近くてわかってても一瞬本当にキスするのかと焦った。

色々と謎を残したまま墓参り回は終わる・・・。

 

そしてこちらも新ED。これに出てくる十二支の人形ってもしかして透の・・・。

EDも作品愛に溢れてて素晴らしい。

というわけで14話終了。

今回は紅葉回からの墓参り回という泣かせに来る話二連発。特に紅葉回は好きな話だったから実に良かった・・・紅葉はお気楽に見えてすごい健気なんだよなぁ・・・。

そして墓参りは意味深な伏線だらけ。本当に今見るとフルバは初期の頃から最後までの話がしっかり作ってあるから面白いんだなぁと再確認できる。

アニメフルバも後半戦ですが1st season後の予定はまだ不明な模様。ちょっと気が早いが2nd seasonがいつ頃になるのか気になるなぁ。できれば空くとしても1クール間隔くらいにして欲しいけど・・・。

以上、アニメ フルーツバスケット 14話の感想でした。

 
暇をつぶすのに忙しい

コメント