【Dr.STONE】2話感想 最強のサイコパス

アニメ

アニメ Dr.STONE2話の感想です。

原作のネタバレが含まれる場合があります。ご注意ください。

 

「その日、世界中の人間は全て石になった」

これナレーションが藤原啓治さんなのは多分千空父かな?

 

 

「大樹、テメーが選べ」

ツンデレ千空・・・というか千空の場合態度と口が悪いだけでほぼデレしかない。あえて言うならツン(労働)デレ(報酬)・・・これってただの飴と鞭な気が・・・。

ただここで杠を選ばせたのはもし復活液が量産できなかった時に大樹と杠で子孫を残せるようにっていう打算もある気がする、そこは120%リアリストの千空らしく。

 

大樹の(眼球への)ダイレクトアタック!

これでキレない千空は相当な聖人だと思う。もしくは大樹の奇行に慣れ切ってるだけか。

 

めっちゃチンコ連呼してて草。一体何の話してたんだっけ・・・。

しかし石化してるとはいえ全裸の杠を抱いて運ぶのは大丈夫なのか大樹は、色々と。

 

日本の生態系がみだれる!

ライオンとかが野生化したとして人間の手無しで日本の冬に適応できるのかとか色々疑問があるがまぁそこは深く突っ込んだら負けな気がする。なんやかんやでタフな奴が生き残って適応する可能性も0ではないかもしれない。

 

馬鹿だけど土壇場で冷静な判断を下せるタイプ。

合理的な割りに結構感情で動く千空の相棒として大樹のこういうとこが活躍するんだろうなぁと思ったけど今は如何せん出番そのものがね・・・。

 

「霊長類最強の高校生、獅子王司!」

ここ漫画見てた時正直「は?」ってなった。ライオンから追われてる時にただの格闘技やってる高校生か何か復活させてどうすんだよっていう。

 

キャラそのものが賛否両論な司。最近こういうキャラには中村悠一当てとけ感ある。

科学でどうのこうのって話をしてる時に素手でライオンぶっ飛ばせるキャラが出てくるのってどうなのとは思う。

まぁこの作品自体ノリと勢い重視なとこあるからその内慣れたけど。

 

「君らには危険って奴は訪れない。これからはこの俺が戦うからだ」

声がブチャラティなせいもあってセリフ回しがめっちゃジョジョキャラっぽく聞こえる。

 

知力体力武力の三銃士。体力というより労働力と言った方が正しい気がする。

しかし当然ながらこの三銃士ではパワーバランスが・・・。

 

千空が規格外なのはわかってるとしても石器で動物を解体できる高校生も十分謎の存在である。

山籠もりして素手で狩りでもしてたのかな・・・。


何か改めて見せられると司って・・・出る漫画間違えてる感ハンパない。

まぁ「こいついれば科学いらないんじゃない?」って思わせるキャラとしてはこれでいいんだろうけど・・・。

自然の摂理がどうとか言ってるくせに乱獲しすぎでは・・・。どう考えても食べきる前に腐らせるだろこれ。

司が凄まじい大食いキャラとかだったりして。

 

「スマホか!?」

ここで正解から最も遠い物を出してくる大樹のセンス。というか大樹はスマホ使えなさそう。

スマホ=よくわからないすごい物、とか思ってそう。

 

炭酸カルシウム=石灰

度々思うが武力担当と言いつつ司は大樹と違ってかなり頭がいい。知識量というより千空の会話についていける頭の回転の速さがある気がする。大樹も幼馴染ならもうちょっと千空に勉強教えてもらった方がよかったんじゃないか・・・教えてもらって今のレベルの可能性も否めないけど。

 

「4つも、死ぬほど重要な使い道がある」

このセリフをよく覚えておきましょう。

 

土壌改良にモルタル。特にモルタルは家のレベルが一気に2000年分くらいレベルアップした気がする。

貝殻割るだけでこんな素材ができると思うとやっぱ科学ってすげぇなぁってなる。

 

ドクターストーン(タイトル回収)

病気=1発アウトなのは当然として芍薬とか自然素材のまま薬になるような植物とか探さなかったのかな。自生してなかったか生活基盤で手一杯でそこまで手が回らなかっただけか。

 

「君なら本当にゼロから近代文明を作れてしまうかもしれない」

ここの変な言い回し最初から気になってたけどまさか言葉通りだとは思わなかったなぁ・・・。

 

「いいや3つだ」

ここって千空が最初に4つって言ったのはミスだったかと思ってたけど改めて見ると千空はここで司が怪しいってことを確信して言うのをやめたってことだったのか。

大樹もこういう時だけしっかり覚えてるし・・・余計な事を・・・。

 

司が歪んだトラウマの記憶。

普通に警察に通報しろよと思うけど司が言いたいのはそういうことじゃないんだろう。

 

霊長類最強のサイコパス

汚れた大人とか純粋な若者とかこれだけガバガバな理論を振りかざす奴も相当珍しい。後の司帝国見ても全然自由でも純粋でもなかったしただ独りよがりなだけで擁護する点が一つも見当たらない・・・・。

正直司は後の顛末も含めて相当嫌いなキャラ。

 

科学の世界を望む者vs原始の世界を望む者

このまま千空と大樹がシムシティしていく展開も見たかったが地味すぎる&ジャンプである以上バトル展開からは逃れられないか・・。ある意味ここからが第一章スタートってところか。

 

そしてED。

ラップ&実写で面くらったけど結構いいEDだと思う。OPEDと両方中々いいんじゃなかろうか。

というわけで1話終了。

相変わらずアニメの出来は良い感じ、しかし大樹が復活してからの生活パートが1話で終わってしまったので司出てきてからの別漫画になった感じが余計早くなった気がする。

しかし漫画で見るとDr.STONEって結構テンポ遅い気がしましたがアニメで見るとそうでもないですね。二転三転してる感じ。やっぱ絵面が地味だと1話の進みが遅く感じるのかな・・・そう思うと司とのバトル展開も必要だったのかなと改めて思ったり。

この分だと4話くらいにはもう石神村入る感じかな。コハクが飛んだり跳ねたりするのが今から楽しみ。

以上、アニメ Dr.STONE2話の感想でした。

 
暇をつぶすのに忙しい

コメント