【ワンパンマン】154話感想 S級を超える怪人

漫画

ワンパンマン 154話感想です。

今回も扉絵がアニメーション、何だこの労力・・・。

 

黒い精子に一方的にやられるアトミック侍。

無数に分裂しつつもそれぞれがS級にダメージを与えるレベルの強さ。やっぱ黒い精子ってヤバいわ。

 

村田版オリジナル要素、新技 アトミック集中斬。

斬っても分裂するなら完全に消滅させればいいというありがちと言えばありがちな発想。しかし斬撃が効かない→もっと斬ればいいとかいう頭の悪さに草生える。

ONE版だと本当に手も足も出なかったけどちょっとだけ一矢報いた感じがありますねアトミック侍は。でも正直ここは手も足も出ない方が絶望感あってよかったかなー。

 

しかしどうあがいても絶望。今の技をあと1兆回くらい打てば勝てるかもしれないが・・・。

相性最悪というがそもそも黒い精子に真っ向から戦って勝てるS級というのがタツマキくらいしかいないんじゃないか

 

アトミック侍はここで逃げ切っただけでも十分すごいと思う。圧倒的強さを持つS級でありながら自分より強い相手にも冷静に対処できることに戦闘経験の差を感じる。

 

ゾンビマンvsホームレス帝

ホームレス帝かっこよくなりすぎだろ・・・。強キャラ感半端ない。

 

仕込み銃(体内)

流石不死身らしい仕掛けだがゾンビマンって痛み感じてないんだろうか・・・毎回この様だったらそのうち発狂しそうだけど。その辺は改造で痛みに鈍くなったりしてんのかな。

 

が、不死身なだけではあまりに実力差があるとどうにもならない。例え何度コンテニューしても1ダメージも与えられないのでは永久に倒せないのである。

154話はここまで。

感想

続々と怪人協会幹部が登場・・・と言っても村田版だとゴウケツとかムカデ長老が出て来てたわけだけど・・・。

うーんそれでもやっぱ原作勢は強キャラ感が違うなぁ。サイタマに一撃でやられてしまった以上実力の測りようがないがイメージ的にゴウケツが黒い精子やホームレス帝並みに強いと思えないんだよなぁ。

それにしても村田版も大分寄り道が少なくなって順調に本筋が進んでますね。そろそろギョロギョロ本体が見れそうですごい楽しみ。オロチの話でチラっと見た時点で色々期待が高まりまくって待ちきれない・・・。

以上、ワンパンマン 154話感想でした。

 
暇をつぶすのに忙しい

コメント