【鬼滅の刃】19話感想 圧倒的神回

アニメ

アニメ 鬼滅の刃 19話の感想です。

感想内に原作のネタバレが含まれますのでご注意ください。

 

刀、折れる。

まぁこれもらってからかなり無茶な使い方ばっかりしてたししょうがないな・・・矢印鬼の時も衝撃緩和に使ってたりしてたし。

 

オラワクワクしてきたぞ!

すんげぇめんどくさそう。今思うと義勇さんってクールっていうよりむっつりキャラだな・・・。

 

※義勇さんは怪我に優しい縛り方をしてくれています。

ここ鬼に襲われたら一発アウトな気がするけどその辺は気配察知してるから大丈夫なのかな・・・。

 

善逸が諦めなかったからこそ命を繋げた。

しかし解毒薬で縮んだ手足が元通りになるのか・・・もう不可逆な変化に見えるけど。

 

裏方の方々の活躍。

でももうほとんど死体回収だろうな・・・。

 

禰豆子の身を挺したガード、何時の間に外に出た・・・。

炭治郎的には妹にケガさせてかばわれるとかとても許容できないだろうなぁ。

 

さっき偽物の絆と言われて怒っていたくせに本物の絆を見た瞬間ゴミのようにそれを捨てる醜悪さ。役割がどうとか言ってることが何もかもがずれている。

 

殺した!?と思ったが鬼には鬼を殺せないのでまだ生きている。自分の頭かかえてるのはロボットみたいで若干ギャグ入ってる。

 

君の妹をボクに頂戴!

禰豆子ちゃんなら欲しがる人はいっぱいいそう。しかしここの炭治郎のマジギレっぷりが凄まじい。炭治郎は累の逆鱗に触れまくったけど累は累で炭治郎を本気で怒らせてるな・・・。

 

十二鬼月下弦の伍 累

作中ではまだ序盤なのに敵の鬼の強さのインフレのスピードがすごい。ついこの間なんとか倒した沼の鬼とか手毬鬼がすでにただの雑魚になってるレベル。

 

宙づり禰豆子。

何だこの残虐だけど微妙にインモラルな美しさは・・・。

 

大岩ですら切断する炭治郎の一太刀ですら薄皮一枚斬れない硬さ。

鬼の首の硬さもどんどんインフレしていく・・・。

 

水の呼吸 拾ノ型 生生流転

この辺の一連の流れのクオリティやばい。劇場版級だろこれ。しかし生生流転ってもっとくるくる回転しながら撃ってるイメージだったけど意外と普通に走ってるだけなんだな・・・。

 

死を確信して走馬燈が・・・。

炭治郎父はcvミキシンさんか。しかしアニメで色が付くと逆に不健康そうな顔が目立つな・・・。

 

父さんの神楽ヌルヌルすぎてやべぇwww

このシーンにこれだけ気合入ってる辺り本当このアニメはよくわかってるなぁ。

 

ヒノカミ神楽 円舞

水の竜が炎に変化するのクッソかっこいい。そして戦闘シーンの動きもすごすぎる・・・。

マジで今回劇場版クオリティすぎて地上波放送の一話とは信じられないな、BGMの盛り上がりも最高。

 

お母さんの声。

これってただのイメージにも思えるけど錆兎達のこととか考えると本当に母親の霊が語り掛けてるかもしれないんだよな・・・。

 

「血鬼術 爆血!」

キェェェェェェアァァァァァァシャァベッタァァァァァァァ!!!

それ禰豆子が技名喋るんだ・・・大分先まで「んー」とか「むー」しかセリフ聞けないと思ってたからかなりうれしい。

 

兄妹の合体技。

アニメではこれが炭治郎のラストバトルだけあって今までの中でも演出の格が違う。どう見ても完全に首を刎ねたが・・・。

 

特殊エンディングも素晴らしい・・・。何かもう実質今回が最終回みたいなもんなんじゃないかこれ。

あとはもう長めのエピローグみたいなもんだし・・・。

ということでこそこそ噂話も目新しい情報はなく19話が終了。

今回神回すぎない?全てのクオリティが段違いすぎて圧倒された・・・。まぁでもちょっと忘れてたけどそういえば今回がアニメでは炭治郎の最後の見せ場的なとこあるからそりゃあ気合も入るわな・・・。

それにしてももう累戦の決着も近いですけどまだ結構話数残ってますね。柱集合で終わりかと思ってたけどこの分だと入院&訓練&退院くらいまでやって終わりそうな感じ?

若干中途半端な感じもするけど列車編の開始と同時に終わる事になりそう。

以上、アニメ 鬼滅の刃 19話の感想でした。

 
暇をつぶすのに忙しい

コメント