【ロード・エルメロイⅡ世の事件簿】10話感想

アニメ

アニメ ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 10話の感想です。

原作のネタバレが含まれる場合がありますのでご注意ください。

 

ケイネス先生微妙にイケメン化してて草。

小物丸出しで死んだ後からドンドン設定が盛られて株が上がって行くとかいう謎のキャラ。その内パラレルでケイネス先生が生きてる世界線の作品とか出てきそう。

 

なんだこのケイネス先生の大物オーラ。

何か因縁の師弟みたいな感じ出してるけどケイネスにとってウェイバー君はただの一般生徒A(落ちこぼれ)程度の認識だったんで・・・。これは完全にⅡ世側からの一方的な理想のケイネス像。

 

 

グレイ自身も贋作(フェイカー)

ところで型月の顔とか言われてるけど最近オルタ側の方が顔になってませんかねセイバーさん・・・。FGOの影響で最早セイバーという呼称すら個性を失うっていう・・・。

 

「拙の望みは師匠と・・・」

イチャラブすること?

というか普通に考えたらグレイの一番の望みって元の体に戻ることだと思うんだけどそれ以上に師匠が大事か・・・。

 

作品が出る毎に充実していく「王の軍勢」配下のビジュアル。

王の軍勢で出てくる配下のサーヴァント化とかいくらでもネタがありそう。

 

2話で出て来た元生徒の人。

ぶっちゃけルヴィアと獅子劫さんのアニオリシーンって原作と違ったオリジナル展開でもあるのかと思ったけどあんまり意味ないな。本筋にアニオリキャラを使って味付けしました程度のものだと思う。

 

アッドスノーボード形態・・・じゃなくて盾ね、盾。

今まで一番アッドのセリフ多いんじゃないかこれ。しかし普段のセリフなさすぎて事件簿アニメの小野Dのギャラ相当安そう。

 

朗報 化野さん、妹キャラだった。

メガネ和服蛇使い妹BBAとか属性盛り盛りすぎてカオス化してる。せめてもうちょっと童顔にしてBBA要素を抜いてあげて欲しかった・・・。


これ母さんです・・・。いや母さんじゃないけど。

黒塗りで誤魔化すかと思ったらがっつり生首インしてて草。前回の生首ポロンもあってグロというよりギャグシーンに見えてしまう・・・。

 

直死の魔眼

お馴染み(?)の名前が事件簿で登場。ただここで言う直死の魔眼は「見ただけで相手を殺す」という魔眼で志貴とか式の魔眼とは別物の話らしい。というか見ただけで殺す魔眼が本来の直死の魔眼の意味だとか。

ところで直死の魔眼と聞いたらこれだけは言っておかなくてはならない

月姫リメイクまだ?

 

推理の途中だけど後ろのカエルが気になって集中できない。

過去を確定とか斬撃を固定とか何言ってるのかわかんねぇ!っていう場合はとりあえず神父が疑われてるってことだけわかればOKだ!

 

お話の途中ですが目玉くりぬきのお時間です。

これ魔眼摘出するのはいいけど替えの義眼とか用意してこなかったんですかね・・・教会の神父ともなれば目が見えなくてもある程度の活動は問題ないのか。

 

卑猥なモノ?今卑猥なモノって言った?もう一回言ってみて!

というわけでグレイちゃんの羞恥プレイで10話終了。

大分終わりに向かって来たけどぶっちゃけグレイがかわいい以外原作読んでれば見なくてもいいかな感出て来た気がする・・・。正直原作読んでる側からすると魔眼蒐集列車アニメ化って微妙な気がしてきた。今思うとオリジナル回の方が面白かったかもしれない。

原作読者向けだとやっぱアトラスの契約がよかったかなー、まぁそうすると初見バイバイ度がケタ違いに上がるけど。

まぁでもまだ2期がアニメ化される可能性も微レ存・・・本当に微粒子レベルでしかなさそうだな・・・。

以上、アニメ ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 10話の感想でした。

次回はこちら

【ロード・エルメロイⅡ世の事件簿】11話感想 謎は全て解けた(?)
アニメ ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 11話の感想です。 原作のネタバレが含まれる場合があり...
 
暇をつぶすのに忙しい

コメント