【MAJOR2nd(メジャーセカンド)】174話 1軍の実力

アニメ

MAJOR2nd(メジャーセカンド)174話の感想です。

 

辻堂1軍と試合続行することになった大吾達。

そしてやはり辻堂の国友監督は仁科達のリトル時代の監督で間違いなし。仁科の事だからいきなり食ってかかるかと思いきやこの場は困惑するだけで監督本人には突撃せず。

試合中だから遠慮したのかそこまで気安く話しかけられる関係でもないのか・・・。

 

どうやら前髪尖ってるイケメンキャラも外国人(ハーフ)だった模様。辻堂1軍は多国籍軍らしい。

しかしよりにもよってアニータがそれを言うのか・・・。

 

「まぁあんまいい気はしねーな。こんな女の子達をいじめるなんてさ」

1軍のヤツらにも完全にナメきられている風中チーム。「サードはお前にやるよ」ってサードって確か・・・関ちゃんじゃねーか!

それセクハラだぞこいつら・・・。

 

しかし流石1軍、口だけではない。立て続けに2連続ホームランを浴びてしまう。

4番5番のクリーンナップとはいえこうもあっさりと打たれるとは・・・。

 

あっという間に14対6まで追いつかれてこれでコールドは無しに。しかし米山が喜んでるのはおかしいだろ。お前が無能という事実は変わらない。

これでも育成面では有能とかそういうことなのかな・・・。

 

国友監督が風中と練習試合を組んだ理由は仁科達がいたのが理由だった。

チームに見所があるとかそういうことじゃなかったのか・・・。何というか辻堂はとことん大吾達が対戦相手として眼中にない感じがするなぁ。

 

連続ホームランで萎縮してしまったか続く6番はフォアボール。

そして7番バッターの打球が睦子の足首に当たってしまう。これで睦子が投げ続けることは不可能。当然ながら次は真のエースの出番・・・!?

174話はここまで。

感想

まず国友監督を見た仁科が直接詰め寄らなかったのが驚き。本当に最近の仁科は感情的に動くことが少ないな。

それにしても国友監督が風中と練習試合を組んだ理由が仁科達へのお情けというのはちょっとがっかり。監督なりに風中に見所があったとかそういうことじゃなかったのか・・・。まぁまだ全くその可能性が無くなったわけじゃないけど。

大吾が睦子のスライダーを初見で打たれたことに驚いてたしもしかしたら事前に研究されてたりして・・・。

睦子負傷で当然ながら次は仁科登板による監督との師弟対決・・・になるんだろうけどここで都合よく仁科が覚醒して試合に勝つような漫画じゃないんだよなぁこれ。試合は負けるけど得たものはあったって感じの終わりになって本番の公式試合でリベンジするパターンになりそう?

以上、MAJOR2nd(メジャーセカンド)174話の感想でした。

 
暇をつぶすのに忙しい

コメント

  1. >仁科の事だからいきなり食ってかかるかと思いきや

    それだと吾郎ですよw
    そこまで仁科は狂犬じゃないからw

    >大吾が睦子のスライダーを初見で打たれたことに驚いてたしもしかしたら事前に研究されてたりして

    研究しなくても、男の腕力で軽く持っていきますよ。ましてや強豪校のレギュラークラスともなれば、球種も見馴れてるし。
    驚く大吾の方が変、というか井戸の中の蛙過ぎるw

    しかし休載多いねぇ。作者。
    男メインに描くのがそんなにイヤなのかw

  2. 中学編で作者が描きたかったテーマなんかも知れんが、中学の高学年を向かえて男女混合チームが直面する”女子の限界”という現実的問題が出て来たのかな。今後、新入生も入るだろうし、チーム内でももう一波乱有りそうだな。